素材作成の裏側

1月 23rd, 2007

とんとご無沙汰していた、「Mariのいろえんぴつ」の壁紙素材を追加しました。
[ 素材その1 その2 その3 ]
PCレッスンの準備でPhotoshop Elements を使っていたら、「そうえいば私、素材屋だったっけ(なぜか過去形)」と、突然記憶がよみがえり、昼下がりの眠い時間に、ごそごそと作業しはじめました。
最近は、写真加工でPhotoshopを使うことがほとんどなので、Web素材作成ソフトFireworksは、久しぶり。ホームページの素材には、やっぱりこのソフトが力を発揮するのですよね。
参考にならない可能性充分アリですが、素材作成の裏側をご紹介します。


 
元になる素材をひとつ作ったら(いつも赤で作ります)あとはそれをコピペして並べ、色の角度を変えていきます。
「8色+無彩色」の合計9コが、こんな風に並びます。
color.jpg
この色相環を見るのが好きなんですよね、私。
余談ですが、作業があまりに久々だったので、この、色を変える作業で、変更角度をすっかり忘れてしまい、あわててメモノートを引っ張り出してきました。
そして、さらにこれらを別レイヤにコピーしてから、レベル補正・彩度・明度を調整しながら、淡い色合いにしたり、ビビッドにしてみたり、渋い色にしたりと、いろいろするわけです。いわゆるトーンを変える作業です。ここまではPhotoshop Elements で行いました。
最後に、Fireworksで9コの区画を指定して、レイヤごとにざっとgif書き出しをします。ものの数秒でできます。これがFireworksの便利なところです。
あとは、ファイル名を付け直して、Webページも作成。FTPでこれらのファイルをアップロードすれば更新完了です。
簡単に書いたけれど、作業時間はそれなりにかかり、結局、レッスン準備の資料作成はぼちぼちしか進みませんでした(苦笑)
また明日がんばろう!っと。
リンク:Photoshop Elements , Fireworks


1日1応援ポチっとよろしくお願いします♪
にほんブログ村 料理ブログ パン作りへ にほんブログ村

Tags:

Comments are closed.